スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電話の判決

2009.11.12.Thu.01:58
携帯に1本の電話。
先日行った動物病院からだ。

恐る恐る電話を取った。


実はこの間行った時、一つの検査をしてもらってたのです。
どんなものか聞くだけでいいかなと思ったのだけど、
意外に良い病院だったので、検査もお願いしたのです。

その検査とは…。



病院行く一週間ほど前、
カフェのお腹の真ん中にシコリを発見してしまったのです。
少し血の気が引きました。
場所は胸骨の間、というのかな、お腹の真ん中。
そんなものかもしれなかったのでついで診療でないと行きづらかったのです。
(一度リオのときにお腹に触るものがあるからと慌てて連れて行ったら、
骨だったとオチがあったから:爆)


診察してもらったら柔らかいしこりなんで多分良性でしょうとのことでしたが、
ずっと気になるのも嫌なので、検査してもらってました。

もうすぐ2日間ほど預けるのでその時にしておいてもらっても良かったのだけど、
まだ私が付いててあげるほうが不安がらないかと。
親心です。カフェにとってはどうでもいいかもしれませんが。

バンザイの状態で局所麻酔をし、
次にゴロンさせて太い注射針を刺されました。
見てて痛い…。


                   (お腹の毛が少し刈られて円形脱毛症)

とうのカフェは大人しくされてましたが、
明らかにその目は。私のを見て助けを求めてる。
処置が終わった瞬間
私の元に飛び込んできました。
そかそか怖かったな、痛かったな←おかぁちゃん大喜びのでれでれ。
なんか役得。

んで、その結果の電話だったのです。


気分は裁判の判決を待つ被告。←悪いことしたのか。
そして結果は…





勝訴!
でなくて、

良性!!
わーいわーい♪

脂肪腫という脂肪の塊で、
大きくなり邪魔であれば取ればいいとのこと。
ほっとしました。



電話を切ろうとしたとき、先生が、
先日の迷子の子どうでしたか?」

きょえー。覚えてたのね。確か電話した時名を名乗ったと思いましたが。
類似犬だったと伝えると残念そうでした。

心に留めていただいてるなんてなんかうれしい。



でも覚えてられるほど患者数が少ないとか…。



ランキング参加中
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ ←いつも励ましありがとうございます!

人気ブログランキングへ ←こちらも励ましのポチッを!
人気ブログランキングへ ←ケイタイはこちらから

営業しよっかな。
スポンサーサイト
コメント
からすさんへ
ありがとうございます。
かなりほっとしました。

わんこって我慢強いらしく、ほんとに倒れる寸前でないとわからないそうです。
うちの亡きリオがそうでした。
倒れたので病院に原因を調べてもらったら…。

確実に年はとる。つらいことですよね。
でもまだ2歳。元気はつらつ盛り。うらやましー。
これからのことより今を楽しんでくださいね。
良かったですね
なにはともあれ良かったですね。
しゃべれないだけに、痛いのか、苦しいのか、つい想像してしまいます。
うちのフレーミーは2歳8ヶ月、まだまだと思っていても確実に年はとっているわけですものね。
secaさんへ
ご心配おかけしました。
良性とわかるまで書けなかったの。
これで悪性だったら私はどうしてたのでしょう。
リオ天使は肝臓ガンで亡くなりました。
それも12歳に。
カフェも今その12歳。
何かの本に書いてありましたが、中型犬の厄年は8歳と12歳だとか。
今年は気が抜けないのです。

まだ1度しか行ってませんが、いい先生でした。
診療方針が合えばいいですが。
てか予防以外、あまりお世話になりたくないけど。
ネジバロさんへ
そのとおりです。助軟骨です。ヒトで言うとみぞおちくらいのとこ。
後で知りました(汗)
だって、カフェディーノよりも飛び出てたのですもん。単に個体差でしたの。

なんとわが子の夢を!!それも散歩してもらってるなんてうれしすぎ!
リオは白い雑種に生まれ変わろうとしてるのでしょうか。
それは重要な手がかりかも!
JINパパさんへ
一緒にほっとしてもらってありがとうございます。

そうですか、タマタマの心配があったのですね。
そんな子はよく触られてます(笑)エッチー

触診意識してなくても、プロが触っててくれるじゃないですか。
心強くてうらやましい。

おお、カフェのファンでいてくれてたのですね。
ありがとうございます。
じゃ、ファンサービスのため飛びつくのも仕込まねば。
今まで禁止してたから難しいかもですが。
Unknown
良性でよかったよ~(´▽`) ホッ
きっと、日記の書き方が・・大丈夫だったって感じのような書き方だったから、ドキドキしつつも、大丈夫・・大丈夫・・って言い聞かせながら読んでました(; ̄ー ̄A アセアセ・・・(←かなり、チキンなsecaです(笑))

先生・・気にかけてくれてたんですね♪
いくら患者さんが少なくとも・・そういうふうに気にかけてくれてたってのは、ステキなことだと思う(゚∇^d) グッ!!
治療方針が云々ってことでないのであれば・・
私も、患者さんが少なくても、その先生に、ちょっとお世話になってみたい気がする~☆

Unknown
なんでもなくてよかったですね^^

リオちゃんの時の骨だったってオチ・・・
確か“ろくなんこつ”とかいう骨じゃなかったですか?

そうそう それと記事と関係ないんですけども
夢の中でカフェくんとディーノくんを散歩する夢をみました^^♪
あともう1匹、リオちゃんとは違うシェルティじゃないけど白っぽい雑種犬もいた
誰だろ その子^^;
ほっ
缶コーヒーのCMみたいですが「ほっ」です。
びっくりしましたが、ほっとしました。
今後は、ゴロンした時、唯触るのではなく真剣に
触る様心がたいと思いました。
うちの子 金〇が両方降りて無かったんでパピーの頃は毎日宝探しで触診してたんですが・・・
ようやく片方降りて、ダメかな?って思ったら
小さなのが触った様な無かった様なで先生とこ行ったっら「ちっちゃー」って言われたけど降りました。今は立派に・・・それ以来触診を
意識してしてなかったんで。月に何度か先生に
触りたおしてもらってるので。(無料のガレージ
診察が多いですが)
カフェ君でもママに飛びつくんですねー・・・
今度おっちゃんにも飛びついてね(ファンの期待)

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。