スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒い来訪者

2009.06.19.Fri.00:31
夜のひと時のお楽しみタイム。

その日はめったに当たらない発泡酒でないビール、
それもエビスをうちの子たちに自慢していた時のこと。





私の頭の上を黒い影が横切っていった。


!?


カフェもディーノもそれを見ている。

蛾?
いや違う。すごいスピードで音もなく飛び交っている。ツバメ?
でもなんだか違う。



座敷に行ったので追いかけてみると、壁にとまっていた。



バットマーン←映画CM風に



もといコウモリ。


そういえば座敷の窓開けっ放しだった( ̄_ ̄ ;
タモもなにもないので捕獲不可能。
手で下手に捕まえようとして噛まれたら嫌だしなぁ。
狂犬病持ってるとも聞いたことあるし。

どうしようもないので窓を開け放ってほっておいた。


ダンナが遅く仕事から帰って来たとき一緒に座敷に見に行ったら
どこにもその影はなく、出て行ったのだと思った。


    



夜中1時過ぎ、さて寝るましょと寝室に行った。
ダンナはもう寝ている。

窓が網戸になって開いてたので閉めた。私の布団のすぐ側の窓。



布団にもぐりこんでシーンとなった時、
ガタガタ、ガタガタ、

窓のほうで音がする。
金ブンかトンボかでっかい虫が網戸と窓の間に入ったかな?
とカーテンを開けてみた。


そしたら


バットマーン←映画CM風に(もうええって)




でらびっくり!

窓と網戸の間にコウモリがいて、出られずにもがいていた。



もっとびっくりしたのは暗闇に飛び交う無数の飛来物。たぶんコウモリ。
仲間を呼んだのか!?
結構怖い…。

電気をつけたらダンナが目を覚まし、一緒に外に出した。
外に飛び交うコウモリ達が襲ってこないことを祈りながら…。

しかしそんな中写真を撮るのは忘れなかった(笑)
ケイタイで撮ったら真っ黒だったけど修正かけたら浮かび上がってきた。





けっこうきしょい…でも目を見たらつぶらでかわいかったの~。



次の日、会社でそのことを話したら
「飛び交ってるけど家の中には入ってこんよ、
入るとこまちごたんちゃう?」

そか、寝る場所まちごたんか…って、


うちは洞窟か。




ランキング参加中
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ ←更新がなくてもぽちっと押してください 励みになります♪

人気ブログランキングへ ←こちらもポチッと 新しい世界を求めて
人気ブログランキングへ ←ケイタイはこちらから

洞窟…あながち嘘ではないかも…人類未踏の部屋あるし(爆)

スポンサーサイト
コメント
kazooさんへ
うん。ベビちゃんかーちゃんよね♪
ごぶさたしておりますm(_ _)m

そっちはコウモリいないかな?
うちの実家はもっと山だけどそこにはいなかったけど
ここ、山から少し遠い平野にはいました。
夕方散歩してるとき外に飛び交う鳥がいて、
それがコウモリだと聞いたのは最近。
虫と言うか尻尾のないねずみの前足が伸びてひらひらがついてる感じでした。

ほんま、バットマンに襲われるかと思った。
Unknown
あれ?miyuさんにお話したかしら?
私coo改め、kazooになりました♪
ディーノ兄のうそんこ妹のベビー母でございます~

こっこうもり~?????ですか!
こうもりがいるんですかっ??
写真で見るとお尻の丸い虫みたいですね~
とにもかくにも、ご無事で何よりデス(^_^;)
ネジバロさんへ
うちも洞窟なんて近くにないからどこに住んでるのかと思ってました。
お寺の周りには木が生い茂ってるのでそんなとこからかなぁ。
まさかやっぱり我が家…(汗)

確かに豚の鼻みたいでした。
かわいいのは目。後は手(羽?)とか気持ち悪かった…
アルファママさんへ
家宅侵入は初めてです。
実はまじまじ見たのも初めて。
基本的にねずみとか哺乳類はかわいい。
コウモリは手(羽?)は気持ち悪かったけど
目がねかわいいのです。

こんな私ですが虫だったら飛んで逃げます。
足に毛が生ええるのとか、異様に足の本数が多いのとか…(汗)
Unknown
うちも夕方になったらこうもりいっぱい飛んでますよ
住処はどこなんでしょうかね?

フルーツバットはきつねみたいな顔で好きですけど、
普通のこうもりって豚みたいな鼻してません?
Unknown
ワッ~~コウモリ!
普通は、こういうかもね。
我が家も時々、出没するので
案外「なれっこ」です。
でも、今だかつて「家宅侵入」は無し!
これを、かわいいと言うのは、だ~れ?
そうか!洞窟では仕方ないかな~

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。