スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白銀の牛蛇たち<後編>

2010.02.17.Wed.01:12
さて2日目。

昨日とは打って変わって霧も消え快晴!
もうこれからの運使い果たしたかと思われるほどの快晴!!
まぁそれは実行委員の方にお願いしておきましょう。

docomoSH-01B

これがあるからスキーはやめられないんだと思います。

いつもはレベルごとに班分けし、指導員の先生に教えてもらうのがこのツアーなんですが
今回はいつもいっしょに滑ってる3人組みと←遅刻した奴込み。
(なぜか皆、問題児(年増)三人組と呼ぶ。なぜ?)
そして60歳オーバーの我々師匠。

docomoF-01B

この師匠、少し足痛められてるので今回講師を離れたのが原因なんですが、
ゆっくり滑ろうとされてるのに、なんかうちらの足(板)は不整地コブ斜面に向かってしまう。
まぁ、師匠はうちらがコブであがいてる時に迂回して下で待ってましたが。イライラ。

私はコブ斜面がかなーり苦手なんです。でもなぜか行ってしまう。
これが滑れないと前に進めない気がするから。なんちって。

だからなお上村愛子さん達はすごいと思います。
モーグルしてる人たち平気そうに降りて行きますが、素人にはかなり恐怖です。
次回はがんばってほしいな。


さて、我ら4人ある場所に向かいました。

向かった先にあるものは、
「幸せの鐘」

docomoSH-01B

一人ね、まだね、行く先のない人がいるんすよ。その子ために歩きました。少しだけ(笑)

docomoSH-01B

じゃ!私からね!幸せよ来い!!と勇んで鐘の下に行ったら、
滑って転んでそん時に紐引っ張って
「カーン」♪

終わりました。そんな運命なんだよお前。

docomoSH-01B


さて、疲れたなとお店に入って食事休憩し、
また滑ろうと帽子ゴーグル装着して外に出ました。
そこで持ってたグローブ(手袋)履こうとしたら片方しかありません。
机に忘れたか落としたか?
でも下を見ながらテーブルに戻ってもありません。
だれか盗った!?でも外に出るほんのわずかな間だし。片方だけだし。

ふとインフォーメーションの看板が目に付いてそこに目をやると、
ガラスの向こうに見覚えのあるグローブが。
「本日の落し物」

一瞬のうちに届けられていたのでした。いや、よかったよかった。

Canon EOS Kiss X2


2時過ぎ、惜しみながらも切り上げ宿に帰り、
宿のご好意でお風呂も入らせてもらい満足満足。
荷物を片付けて少し部屋でゆっくりしていたら実行委員の人がやってきました。
「!?おまえらまだいるん?!!」

は!?
時計を見れば集合時間。ひえ~。
集合場所に行くと「またこの3人か」

ま、じつはいつものことの3人衆なんでした。


そして雪のない現実の世界に帰ってていくのでした。
名残惜しい~。

Canon EOS Kiss X2



後に残るもの、それは思い出と筋肉痛…。




ランキング参加中
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ ←面倒ですが押したってください。

人気ブログランキングへ ←こちらもおねげーしますだ。
人気ブログランキングへ ←ケイタイはこちらからなのー。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。