スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電話の判決

2009.11.12.Thu.01:58
携帯に1本の電話。
先日行った動物病院からだ。

恐る恐る電話を取った。


実はこの間行った時、一つの検査をしてもらってたのです。
どんなものか聞くだけでいいかなと思ったのだけど、
意外に良い病院だったので、検査もお願いしたのです。

その検査とは…。



病院行く一週間ほど前、
カフェのお腹の真ん中にシコリを発見してしまったのです。
少し血の気が引きました。
場所は胸骨の間、というのかな、お腹の真ん中。
そんなものかもしれなかったのでついで診療でないと行きづらかったのです。
(一度リオのときにお腹に触るものがあるからと慌てて連れて行ったら、
骨だったとオチがあったから:爆)


診察してもらったら柔らかいしこりなんで多分良性でしょうとのことでしたが、
ずっと気になるのも嫌なので、検査してもらってました。

もうすぐ2日間ほど預けるのでその時にしておいてもらっても良かったのだけど、
まだ私が付いててあげるほうが不安がらないかと。
親心です。カフェにとってはどうでもいいかもしれませんが。

バンザイの状態で局所麻酔をし、
次にゴロンさせて太い注射針を刺されました。
見てて痛い…。


                   (お腹の毛が少し刈られて円形脱毛症)

とうのカフェは大人しくされてましたが、
明らかにその目は。私のを見て助けを求めてる。
処置が終わった瞬間
私の元に飛び込んできました。
そかそか怖かったな、痛かったな←おかぁちゃん大喜びのでれでれ。
なんか役得。

んで、その結果の電話だったのです。


気分は裁判の判決を待つ被告。←悪いことしたのか。
そして結果は…





勝訴!
でなくて、

良性!!
わーいわーい♪

脂肪腫という脂肪の塊で、
大きくなり邪魔であれば取ればいいとのこと。
ほっとしました。



電話を切ろうとしたとき、先生が、
先日の迷子の子どうでしたか?」

きょえー。覚えてたのね。確か電話した時名を名乗ったと思いましたが。
類似犬だったと伝えると残念そうでした。

心に留めていただいてるなんてなんかうれしい。



でも覚えてられるほど患者数が少ないとか…。



ランキング参加中
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ ←いつも励ましありがとうございます!

人気ブログランキングへ ←こちらも励ましのポチッを!
人気ブログランキングへ ←ケイタイはこちらから

営業しよっかな。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。