スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうする、ア○フル~

2009.03.19.Thu.00:18
胸を打ち抜かれたようでした

それは恋…?









日曜日にランに行った後に寄ったペットショップ

普通子犬たちはスルーするのですが
(辛くてあまり見ないの)

思わず目が合ってしまった



頭の中にはあのフレーズが…



「どうする、アイ○ル~♪」 (古)






可愛いいけど
そんなずば抜けて可愛いわけでない
(隣のプードル、ダックスのほうが断然可愛かった)
派手さもないこの子

チワワ×ポメのミックス



どことなく今は亡きリオに似てる気がするこの子から
不覚にも目が離せなくなってしまった


生体を売る
それも一ヶ月未満の子を
ディスプレイして売ることに抵抗があるのに…
(この子も生後一ヶ月)


一度その場を離れたものの
気になりそっちに目をやると
強面の店員さんが出していた←スキンヘッドの兄ちゃん。白衣着用

このお店は後ろからでなく
表から子犬を出すようなケージになっているので
子犬を出す様子が見えた


ちぎれんばかりにふる短いシッポ!




ズキューン
       ゼーハーゼーハー






そして店員さんが去ったあと
こそこそとまた近寄り
こっそり写メる


ピロリ~ン♪





「抱っこされますか?」


どきーっ!!

見てた?
写メるの見てた?


振返るとスキンヘッドの兄ちゃん←店員



スキンだがそのお顔は仏のよう
満面の笑みでもう一度




「だっこされますか?」



わー
わーわー


「ダメです! 
そんなことしたら
そんなことしたらーッ!」




                   (逃亡)



間違いなく連れて帰っただろうな…




私が仕事行かず家にずっといるならば
連れて帰ってたかも…


もう一匹
三ヶ月のシェルティーもいた
どう見てもオーバーサイズ

この子も連れて帰る寸前だった


意思弱し






親兄弟から早々と離された子は
社会性不足で後々イロイロ問題が出てくる子が多いと言う
だから捨てられる子が絶えないのだとも

子犬(猫)の魔力は絶大だ
(今回思い知った)
だからホントは生体扱うお店がなくなれば…
と思ってしまう
外国では二ヶ月だったかな?
それ以下では置いてはダメだという国もあるという


このお店にはたくさんの子犬猫鳥がいた





みんな幸せになりますように…







ランキング参加中
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ ←ぽちっと押してください 励みになります♪

昨日のおまけ
ダンナは滑ったけど手を付いたからこけてないと言っとります
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。